WORKS事業紹介

建材事業部

建築資材

ALC、アスロック、外構関連

ALC課では外壁工事のなかでもALC押出成形セメント板など建築資材の販売、施工を主にベースパック工事・耐火被覆工事・断熱工事を行っております。
また、グループ会社の「伊勢建工 株式会社」では、ALC・押出成形セメント板の施工を行っています。
安心、安全を第一に豊富な知識を持った職人が、経験を生かしてお客様の満足いく施工を心がけています。


ALC(軽量気泡コンクリート板)工事

ALCは耐火・断熱・軽量・意匠性・吸音性に優れ、戸建て住宅から超高層ビルまで、あらゆる建物に使われ建築に必要な建材です。 製品は平パネルと表面にデザイン加工を施した意匠パネルがラインアップされています。意匠バリエーションも豊富で、建築のデザインが更に進化しています。 また、ALCはホルムアルデヒドやアスベスト(石綿)を含まない人と環境にやさしい建材です。

関連LINK 住友金属鉱山シポレックス株式会社

押出成形セメント板(Extruded cement panel略称:ECP)工事 アスロック等

押出成形セメント板は、セメント・けい酸質原料および繊維質原料を主材料として、中空を有する板状に押出成形し養生したパネルです。 軽量で強く、耐火性、耐候性、遮音性、耐震性に優れ、押出成形の特性を生かした意匠性の高い製品で、 内・外装材に要求される幅広いニーズに対応できる特長を備えています。

関連LINK 株式会社 ノザワ

耐火被覆工事(ロックウール吹き付け)

吹付けロックウールは、ロックウール粒状綿を主原料とし、セメントを硬化材として、専用の吹付け機を用いて鉄骨などの下地に吹付けます。 軽量で、施工性・耐火性・断熱性・吸音性に優れています。一定の被覆層をつくる有機物を含まない現場施工の不燃製品です。 (耐火被覆材は、鉄骨を火災時の熱から守り、人命や建築物の安全のため施工されます。)

関連LINK 株式会社 ノザワ

断熱工事(ウレタンフォーム吹き付け)

硬質ウレタンフォームはプラスチックフォームの中で最も優れた断熱性能を有しています。これは独立した微細な気泡の中に熱伝導率が極めて小さいガスを閉じ込めているからです。 この為、硬質ウレタンフォームは他のプラスチックフォームや無機系断熱材に比べて、経済的な厚みで優れた断熱性が得られます。 又硬質ウレタンフォームは施工現場での発泡が容易で、多くの材料と自己接着しますので複雑な構造物に対しても隙間の無い連続した断熱層を作ることが可能です。

露出型弾性固定柱脚工事(ベースパック)

主要部材であるアンカーボルトをテンプレート、アンカーフレーム等で所定の位置に設置し、配筋・型枠・コンクリート打設を経て、鉄骨建方の後、 ベースプレート下面にベースパックグラウト(高強度無収縮モルタル)を注入座金を介して注入することにより、 ベースプレートと基礎コンクリートとを密着・固定させる工法です。1986年の販売開始以来地震における「柱脚被害0」の実績が高い耐震性能を証明しています。

関連LINK 岡部株式会社

シート状天然砕石装飾材 (MAストーン)

シート状で加工しやすいMAストーン・MAストーン砂岩
天然石材でなければ実現できなかった[深み・高い格調・シックな雰囲気]を天然石材以上の機能・メリットを備えて実現しました。 高い耐候性と耐汚染性を持ち、新築だけでなく、改修・改装においても利用でき、どのような下地であっても施工が可能な優れた特徴を持っています。 曲面施工ができる柔軟性を持ち、カッターナイフで簡単に切断でき、加工性、施工性に優れ工期の短縮にも役立ちます。

関連LINK 菊水化学工業株式会社

土木資材

建材課では、日常生活でみられるカーブミラーなどの道路土木資材、マンホール上下水道資材、公園遊具など
幅広いジャンルの商品を販売・施行させていただいております
ご家庭にあります物置・カーポート・フェンスなどの外構工事も承っております。
私たちは、みなさまの生活をより安心・安全で住みやすい街づくり、環境づくりをサポートしていきます。

土木建築資材

  • 一般土木資材

    遮水シート・落石防護柵・暗渠排水管・止水材・吸出し防止材・グレーチング

  • 道路資材

    ガードレール・カーブミラー・道路標識・ガードパイプ

  • 上・下水道資材

    塩ビパイプ(水道用・下水道用)・マンホール

  • 橋梁・河川・港湾資材

    防舷材・タラップ・汚濁防止フェンス・繋船柱・繋船環

  • 公園緑化・造園資材

    遊具・あずまや・表示板・車止め・擬木・張芝・筋芝・インターロッキング・天然石 各工事

  • 外構資材

    各種フェンス・門扉・物置・ガレージ店自転車置場・建築金物・屋根材・防水材

ページトップへ戻る